ホーム > ブログ一覧 > ブログ

ブログ

日々精進!4月活動報告③ 家庭保育の協力要請期間が延長 我が家では・・・

2020/05/01

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

日々、新型コロナ感染症に関して、情勢が変わっていきます。

情報収集をしつつ、最近は家庭保育の協力をしています。

 

 

現在、家庭保育に悪戦苦闘中です 笑

 

 

 

活動報告(04月20日〜04月26日)

 

20日〜26日 会派会議 体協打ち合わせ 全員協議会 市民の方の陳情など

 

今週のピックアップは、

 

家庭保育の協力要請期間延長の話題です。

 

妻が4月から保育園勤務に復帰しました。復帰して早々に緊急事態宣言が発令され

想定していた生活サイクルは変更を余儀なくされました。

現在我が家では、娘と息子が保育園に通っています。

佐賀市の考え方として、コロナウイルス感染症対策として、

家庭保育の協力要請が今出ています(5月10日まで)

 

佐賀市より通知

   ↓

緊急事態宣言の対象区域拡大に伴う家庭保育の協力要請期間の延長について

 

ご多分にもれず、私も家庭保育の一員として、

日々を過ごしています。

妻は、朝8時には、保育園に仕事に行ってしまいますので、

朝8時から夕方5時までは、子どもたちと3人で過ごしています。

今の一日の生活サイクルは、ざらっとですが、

朝食→家での余暇(主にEテレ)→公園(遊具が使用禁止なので散歩など)→昼食(前日の夕食を主に食事)→お昼寝→家で余暇(主にEテレ)→公園(遊具が使用禁止なので散歩など)→お風呂→夕食

こんな感じです。

途中、食器洗い物の片付けや、干した洗濯物の片付け、

子どもが散らかした部屋の片付け

などをやります。

 

 

 

 

いっちょかみではなく、日中トータルで育児を経験すると、

妻は他の家事は仕事をしながらやってくれているわけで、

妻の偉大さや、世の中の母親の凄さに気づかされます。

 

途中、正直子どもにイライラもします。

子どもは大変理不尽な要求をするので、

声が大きくなります。

今日は、見透かされ、娘から

 

「パパ、大人同士での会話ではイライラはなしもあるかもだけど

子どもにはイライラしてはなしたらダメだよ。」

 

と言われてしまいました。

うーむ

ごもっともです。

しかし、上手くいかないことを

なんでもパパのせいと言われると少しずつギクシャクしてきます。

 

 

いろいろなギクシャクが起こるたびに、

自分は父親失格だなとか、上手く表現できないことに

悩んだりもしてしまいます。

それでも、こちらはギクシャクしたことを

引きずっているのに、子どもは後を引かず、

笑いかけてくるのです。^^

なんなんだ君たちは・・・本当に 笑

 

本当に悪戦苦闘しております笑

 

佐賀県知事の山口よしのりさんは、

この苦難の日々を

普段しないような経験を重ねる

そんな日々と思うように

考えをチェンジしましょうとおっしゃっていました。

そんな日々になれたらと・・考えていたりもします。

そして今日がまた始まろうとしています。(早朝にブログを書いている)

家庭保育の日々本日も頑張ってまいります。

 

さて、

佐賀市の新型コロナウイルス感染症に関する情報は、日々更新をされています。

 

佐賀市が発表をしています正式な情報はこちらにてご確認できます。

ご参考にされてください。

     ↓

 

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

 

現在、特に重要な情報サイト(5月01日現在)

 

新型コロナウイルス感染症佐賀市緊急経済対策 「事業継続支援金」について【4月30日 20:00更新】

 

給付対象者 1人につき10万円の申し込みについて

 

佐賀市立小中学校の臨時休業の延長について

 

佐賀市長からのメッセージ動画(新型コロナウイルスに関して)

     ↓

 

 

妻が今年も育て始めた向日葵 

芽が出ていました。 

花が咲く頃には、この国も元気を取り戻しているはず。

みんなで苦しい日々を力を合わせて乗り切りましょう^^

 

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

日々精進!4月活動報告② 佐賀市独自の事業継続支援金について報告します。

2020/04/24

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

先ほど、新型コロナ感染症に関する市の経済対策についての

説明が、全員協議会にておこなわれました。

本日は、このご報告をさせていただきます。

 

さて、本日の早朝、小学一年生の児童が保護者と

小学校に行く登校練習をしている姿を見ました。

4月は毎年良く見る風景です。

5月ぐらいになると、児童も慣れ、保護者も慣れ、

そうやって新しい日々に親子で慣れていく。

親子にとって大切な絆の時間だと感じます。

私もそんな親子の姿を挨拶運動を通していっぱい見てきました。

この数ヶ月の混乱の春に卒園や入学を経験することとなった

保護者の方の気持ち、新一年生の気持ちを思うと・・・

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

休校している学校に登校練習をする大きなランドセルを抱えた児童の姿に

只々、悔しくて・・・・ 悔しくて・・・・ 

なんとしても、市民みんなでこの町に平穏を取り戻さなくてはなりません。

私自身やれることをこれからも続けていきます。

 

 

 

 

活動報告(04月13 日〜04月19日)

 

13日から19日の主な活動 

まちづくり協議会会議 

学校体育施設会議 

佐賀北北楠会会議

 

今週のピックアップは、

 

佐賀市の新型コロナウイルス対策の話題です。

 

 

まずは、報道等でご存知の方もおいででしょうが、

1人10万円給付の件です。

 

ポイントとしては

 

◯世帯主が、世帯員全員分受け取ることになること

◯申請は、郵送か電子申請でおこなうということ 

 マイナンバーカードをお持ちだと申請がスムーズ

◯申請期間は三ヶ月間

◯支給時期は佐賀市としては出来るだけ前倒しして支給

 

下記写真文書を参考にされてください。↓

 

 

続いて、事業継続支援金についてです。(専決処分対応)

 

こちらのポイントは

 

◯佐賀市独自の支援金であること

◯対象事業者要件を区分していないこと

◯対象事業者要件は2種類あること

(前年同月比で20%減少した事業者と前年同月比で50%減少した事業者)

◯前年同月比で50%減少した事業者については、他要件を満たす必要があること

 

支給額

20パーセント以上減少 法人・・・・20万円支給 個人事業者・・・・10万円支給

50パーセント以上減少 法人・・・・40万円支給 個人事業者・・・・20万円支給

(他要件は下記写真参照)

 

第1の矢として、佐賀市独自の事業継続支援金を打ち出してくれたことに

まずは、胸撫で下ろし、しかし、第2の矢の必要性も認識していますので、

今後、佐賀市に引き続き、経済対策の必要性をお伝えしていきます。

 

他にも、宿泊支援事業とクーポン券発行事業についての説明もありました。

このあたりは、緊急事態宣言の動向を見極めつつの事業になるかもしれません。

 

今回の財源は、市の貯金たる財政調整基金と合併振興基金を使用します。

 

 

なお、佐賀市の事業継続支援金は、国の持続化給付金と併用可能です。

 

 

 

 

記事参照

佐賀市 15億円の緊急経済対策

 

■ 全員協議会にて私も2つ質問をいたしました。

 

・クラスターなどの大型感染がもし起こるとした時に市役所の窓口業務のあり方

・コロナ総合相談窓口の設置の可能性について

 

ここまでくると、コロナ関連に関しては

窓口の一本化も考える必要があるかもしれません。

また、危惧をしていたクラスターが

佐賀市でも本日発生しました。

市中感染の可能性は否定できない状況です。

他県では、コロナ感染による市役所の閉鎖も事例として

起こっていて、心臓部である佐賀市本庁舎を守るための

対策も必要だと感じています。

 

記事参照

職員集団感染の大津市役所 あすから閉鎖 対応に追われる

 

佐賀新聞参照

【速報】佐賀県内2カ所目のクラスター フィリピンパブでさらに1人感染 同店関係者の感染5人に 新型コロナ

 

 

 

少し話題を変えてさが桜マラソンの話題です。

完走したランナーへ配る予定だった有田焼の完走メダルは

今年度の大会に参加を予定していた選手に配られることになりました。

大会事務局の皆様ありがとうございます。

 

 

佐賀新聞記事参照

さが桜マラソン参加予定者に記念品 有田焼メダル

 

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

 

 

日々精進!4月活動報告① 佐賀市における新型コロナウイルス関連各種情報サイトについて

2020/04/18

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週は、大腸ポリープ(良性)の手術を遅ればせながら無事済ませました。

ご心配をお掛けしました。体調はバッチリです。

なんとか地域活動を再開し、町を元気にしたいのですが・・・

全県で非常事態宣言が出されることになり

人との接触機会を8割削減しようと国が訴えている今の現状を思えば、

動かざること山の如し

今は、じっと耐える時期なのかもしれません。

今は5月06日の非常事態宣言解除予定日が今後の地域活動再開を

改めて決める日になるのかなと考えています。

 

桜の季節は短いですね。今年も多布施川沿いは大変綺麗でした。

 

 

 

活動報告(03月30日〜04月12日)

 

30日 病院レク 自民党会議 

31日 私用

01日 議会内用務

02日 佐賀駅周辺整備調査特別委員会レク 議会広報広聴委員会 シシこむ準備 校区集金

03日 シシリアンライスの日

 

市長がコロナウイルス禍の佐賀市民を

元気にしたいとおっしゃっていたのが、

大変嬉しかったです。

今年も無事シシリアンライスの日終えることができました。

 

 

市長に提供されたシシリアンライス

 

佐賀新聞参照

佐賀産たっぷり「シシリアン」 記念日前に〝国王〟に献上

 

 

04日 私用

05日 子ども会育成会総会 校区歩こう会 入院準備

 

校区の歩こう会を開催しました。

(主催者は三密の配慮のもと開催をされていました。)

 

06日 病院入院1日目

 

病院の窓より撮影

 

7日 病院入院2日目

 

この日、サガテレビで一般質問で私が課題としている

神野公園再整備問題が特集で取り上げられていました。

 

08日 病院入院3日目

09日から12日 在宅ワーク 校区資料制作など

 

 

今週のピックアップは、

 

新型コロナウイルス感染症に関する情報です。

 

私のもとにも相談が多数寄せられています。

新型コロナウイルスの影響での売り上げの激減のため、

商売が成り立たないという相談が非常に多いです。

先日の相談の折、

「我々は戦争こそ体験しなかったけど、ウイルス戦争を体験することになるとはねぇ。」

と市民の方がおっしゃっていたのが心に残りました。

私は市民の人生の喜びに関するリミッターを少しでも上げて

市民の人生をより豊かにする演出をすることを議員活動において

命題としていますので、

今のように国民の命を一人でも救うことが求められる有事においては

なかなか自分の立ち位置を見つけられないでいたりします。

それでも、今の時期を振り返った時に

激動の日々であったと振り返るであろう

ここ数ヶ月の日々の中においても

自分らしく活動を続けられればと今考えています。

 

学校での授業が受けられない日々の子どもたちや

その保護者の皆様はこの状況に、さぞご不安でしょう。

(4月21日より学校が再度休止)

ご商売を休止せざる得なかった商売主の皆様の無念さ

混乱の続く医療現場で闘う医療従事者の皆様の

自分の命の心配をしつつ、

人の命を救う必要が求められる過酷なジレンマ

 

そのようなコロナウイルスによって生じた市民の

多くの課題解決のため、

議員として出来ること引き続き考え行動を今後も続けてまいります。

 

 

またインターネットでの

コロナウイルスに関する情報発信は大事ですが、

不確定情報を流し、行政職員及び政治家が

意図せず不安を煽った実例も出てきました。

誰でも苦しんでいる時だから、

正式な情報、温かい言葉、内容をできるだけインターネット上では

使っていくことも心がけてまいります。

 

 

下記に佐賀市の現在のコロナ感染症に関する情報発信の

各種ページを添付いたします。

 

 

佐賀市のホームページの特設サイト

            

 

新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ

 

 

 

Twitterや佐賀市シティプロモーション室による情報発信サイト

                 

 

 

 

 

佐賀市シティプロモーション室のページはこちら

 

佐賀市社会福祉協議会ホームページより

          

新型コロナウイルスの影響を受け休業や失業等により、生活資金でお悩みの皆さまへ

 

なお、議会の全員協議会において、

佐賀市版 緊急経済対策(案)が指し示されておりましたが、

今回の全県に渡る非常事態宣言のため、

保留との考えが示されています。

佐賀市独自の施策の必要性は感じておりますので、

正式な情報が入り次第お伝えします。

 

佐賀市議会ホームページより

 

(新型コロナウイルス感染症対策) 市長がこれまでの対応と今後の対策について説明<第3回報告>

 

 

佐賀市議会フェイスブックページより

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

日々精進!4月活動報告② 東京大学入学式祝辞から見えてきた子どもたちを支える意味とは??

2019/04/16

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週は、若楠小学校の入学式と城北中学校の入学式に出席しました。

ご入学をした皆様、またそれを支えたお父様、お母様ご入学おめでとうございます。

 

入学といえば、東京大学の名誉教授の上野千鶴子氏の祝辞が話題になっていますね。

私は素直に良い内容と受け取りましたが、皆様はいかがでしたか?

 

 

 

 

活動報告(04月08日〜04月14日)

 

08日 小学校中学校始業式 挨拶運動再開 会派会議 広報広聴委員会 

   まちづくり協議会会議

 

 

 

紆余曲折ありましたが、

広報広聴委員会の委員長、副委員長、委員、そしていつも支えてくれる事務局の仲間たちのたゆまない努力で「さが市議会だより」誌面が春より大幅にリニューアルします。今回は市議会一期生の皆様が一生懸命アイデアを出してここまで形にしてくれました。一期生の皆様の豊富なアイデアにこちらも誘発され楽しい誌面作りの時間でした。皆様のご自宅に届いた折はぜひ手にとってリニューアルしたさが市議会だよりご覧いただければと思います。

 

09日 同期の市議会議員との意見交換会

 

10日 地域子ども教室会運営会議

 

11日 城北中入学式 県議との意見交換

 

 

 

 

12日 若楠小入学式

 

 

 

13日 ひでしま敏行後援会総会 子ども会役員会

 

14日 供養

 

 

今週のピックアップは、

 

東京大学入学式での上野千鶴子さんの

祝辞の話題です。

 

冒頭の祝辞の内容は、賛否が分かれているようですが、

後半の内容は現代の若者へのメッセージとしても、

また支える大人側が何のための若者を支えているのかを再確認することができた

素晴らしい内容であったと私は感じました。皆様はいかがでしたか?

 

 

下記に抜粋します。

 

 

東京大学ホームページより 平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

 

 

       祝辞の抜粋

         ↓

 

 

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

 

 

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、

あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、

やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです

 

 

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

 

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

 

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶(おとし)めるためにではなく、

そういうひとびとを助けるために使ってください

 

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

 

地域子ども組織をやっていると、なぜ地域の子どもたちを支える必要があるのか?と自問することがあるのですが、

今回の祝辞を聞いて自分なりに言語化できた気がします。

地域で子どもたちを支えることで、子どもたちが自らの人生が多くの人たちに支えられていたことに大人になったときに気づき、その自らの人生を自らが経験をしたように、多くの人たちの人生を支えるために使ってくれるようになっていく。

 

 

自分たちが地域で展開している子どもたちのための活動は、まさにこの人間の支え合いの心の循環のための活動なのだとこの祝辞から改めて気づくことができました。

 

 

今年度より、新しい道を歩みだした皆様、共に頑張っていきましょう( ^∀^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近の私は、グリコの創業者 江崎利一の勉強をしています。

大変なアイデアマンで広報の大切さを理解している人でなんかすごく惹かれます^_^

 

 

 

 

 

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

 

 

ページトップへ