ホーム > ブログ一覧

ブログ

日々精進!2月活動報告② 株式会社チワタの創業は、な、なんと〇〇〇〇年!!子どもたちがまちあるきで知った老舗文房具屋さんの裏側

2019/02/16

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

週のはじめは視察に沖縄県の久米島にいってまいりました。

視察項目は、人口減対策と佐賀大学とコラボした海洋温度差発電に関してでした。

今は、2月定例会の一般質問の準備をしています。今回の定例会も佐賀市の発展のための議論続けてまいります。

 

 

 

 

活動報告(02月04日〜02月10日)

 

04日 まなざし運動参加各部会合同会議

 

 

 

 

 

 

 

今年度の第9回まなざしキラリ大賞 団体の部において

若楠小学校お話サークル「ゴジラの会」さんが

見事大賞を受賞されました!!おめでとうございます!!

 

05日 会報エリア配布

 

 

06日 議会広報公聴委員会 経済産業委員会と佐賀商工会議所の意見交換会

 

議会フェイスブック参照

 

 

 

 

 

 

 

 

07日 若楠校区まちづくり協議会 子ども育成部会 会議

 

08日 保育園ヒアリング訪問 校内放送 議員研修会「予算・決算の審査のポイント」講師 大崎映二 夜は佐賀北高校総会懇親会の打ち合わせ

 

 

議会フェイスブック参照

 

 

 

09日 地域子ども教室「まちあるき」さがマラソン応援プロジェクト打合せ

 

 

 

 

 

 

 

10日 視察1日目(久米島)

 

 

 

 

 

 

 

今週のピックアップは、2月09日(土)に若楠校区で開催された

 

地域子ども教室「まちあるき」の話題です。

 

 

 

 

 

月の2回若楠校区で開催している地域子ども教室冬のプログラムは、

毎年、地域を歩くことで地域を知る「まちあるき」でした。

 

 

 

 

 

 

今回は若楠校区で長年営業をされている株式会社チワタさんを子どもたちと訪問しました。

 

 

株式会社チワタの創業は

な、なんと・・・

 

 

「正徳元年(1711年)」です!!

 

 

昔過ぎてイメージがわかない(*^-^*)

 

 

 

調べると6代将軍の徳川家宣の時代でした。

8代将軍徳川吉宗の享保の改革の前ですね。

ちなみに生類憐れみの令を廃止した将軍が家宣のようです。

 

そんな時代からご商売をされている株式会社チワタさん

今回は、校区の子供たちと住民の皆さまに

そのような会社が身近にあることを知ってもらおうと思い会社訪問を企画しました。

 

 

 

 

株式会社チワタの社長 千綿 浩一郎さん

快く要請をお受けいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

若楠校区には昭和51年の若楠国体の前の昭和40年代には店舗移転をされてきたとのことですので

株式会社チワタさんには、若楠校区が生まれ発展していく姿を

ここまで見守り続けていただいてきたということになりますね!(^^)!

 

 

 

もうすぐ新しい国民スポーツ大会(国体)が

またこの町にやってきます。

株式会社チワタさんのような地域民間企業と

共に、

これからも新しい若楠校区を作っていこうと思います。

 

 

株式会社チワタ ホームページはこちらから

 

 

 

佐賀新聞リンク参照

 

 

児童ら昔の文具学ぶ 若楠校区子ども教室 佐賀市内で職場訪問

 

 

 

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

 

日々精進!2月活動報告① 佐賀市地域づくり交流会で見えてきたものとは? 今後の佐賀市の地域交流のトレンドワードは「近助」

2019/02/05

こんにちは。永渕ふみたかです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザから解放され、体調がやっと戻ってきました。

現在は、インフルエンザの際、隔離されて会えていなかった二人の子どもとの日常を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

活動報告(01月28日〜02月03日)

 

28日 インフルエンザのため自宅療養

29日 会派会計などの事務作業

30日 会派会計などの事務作業及び視察研修の準備

 

 

31日 新入学生の子ども会資料の準備

 

 

来年度の子ども会入会申し込み書を作りました。

 

 

01日 若楠小学校新入学児童説明会 子ども会会長として出席

 

 

 

 

 

平成30年度佐賀市保育園会「集い及び総会」出席

 

 

 

 

 

02日 佐賀市地域づくり交流会出席

 

 

 

 

03日 北方領土返還要求佐賀県民集会出席

 

 

 

 

 

今週のピックアップは、2月2日(土)に佐賀市諸富文化体育館で開催されました

 

佐賀市地域づくり交流会の話題です。

 

 

 

 

午前中に協働事例の発表が行われ、午後からは座談会の中から

地域の問題点を抽出していくワールドカフェが開催されました。

今回の地域づくり交流会を通して、今後の佐賀市の地域交流に関する

 

 

トレンドワードが見えてきましたのでご報告します

それは・・・

 

 

「近助」です!!

 

 

佐賀市はこれまでも

 

 

自ら取り組む「自助」

地域でみんなで協力して取り組む「共助」

行政、公的機関が取り組む「公助」

 

 

 

がそれぞれ機能する社会こそが理想であると

ここまで佐賀市民の皆様にお伝えしてきました。

 

 

今回、佐賀市地域づくり交流会にて、

登壇したコーディネーターの加留部貴行先生が

新たなトレンドワードとして

ご紹介されたのが「近助」という言葉です。

 

 

 

「近助」とは?

 防災・危機管理アドバイザー山村武彦

 

地域防災は「自助」「共助」が基本といわれます。私はそれに「近助」を加えることを提唱しています。自助は自分や家族を守る当然のこと、自主防災会や自治会などでみんなで助け合う共助も大切です。しかし、日頃の見守りや災害発生時は遠くのみんなより、家族、隣人、向こう三軒両隣など、近くにいる人が頼りになります。

 

 

みんなで助け合う「共助」と共に、顔の見える近くにいる人が近くの人を助ける「近助」です。少子高齢化社会では「近助」の支え合いが不可欠。

「近助」は、地域だけでなく、学校、職場、出先などその場その場で、困った人、手を貸す必要のある人を近くにいる人が助けます。

 

当たり前のことが当たり前になれば、

これからもずっと住みたいまちになるのです。

 

 

「近助」

 

この言葉が今の佐賀市の地域づくりのトレンドワードだと

今回の佐賀市地域づくり交流会を通して認識できました。

今後もこの「近助」という言葉を大切に活動を続けてまいります。

 

 

 

日々精進!来週も活動頑張ります。

 

 

ページトップへ